The Collaborative Business Experience™

キャップジェミニがサポートします:人を中心としたアプローチで、テクノロジーからビジネスへ、具体的な成果を生み出しましょう。

すべての結果は「人」がもたらすものです。

テクノロジーの進化にともない、様々な分野でボーダーレス化が進み、競争は激化しています。企業が成功するためには、複雑でしかも予測できない課題に迅速に対応する能力が、これまで以上に求められています。そんなときキャップジェミニのエキスパートチームが側にいれば、貴社の事業の俊敏性と競争力を強化することができます。

キャップジェミニがお客様のために働くとき、その最善の方法はお客様と「共に」働くことです。「Collaborative Business Experience ™」はルールに縛られるのではなく、お客様自らにルールを決めていただこうというアプローチです。
 

お客様にふさわしいソリューションを、共に見つけましょう。

「コラボレーション(共に働くこと)」は、キャップジェミニの理念の中心であり、お客様にサービスを提供するときの柱となるものです。戦略の策定から実践まで、すべてお客様の状況に合わせて進めます。私たちは常にお客様の側にいて、課題を分析しながら変革への道案内をします。

お客様とのコラボレーションを前提とした当社のツールと方法論によって、変革の自由度が増し、変化に対する抵抗を解消することも可能になります。当社は様々なITソリューション企業と連携しており、その中からお客様にふさわしいソリューションを提供することで、最先端企業の優れた知見をお客様に活用していただきます。

コラボレーションによって目的を達成するために、当社は4つの指針に従ってプロジェクトを進めます。「価値実現を目指す」「リスクを減らす」「能力を最適化する」「組織の足並みをそろえる」です。


コラボレーションの実践

キャップジェミニは、あらゆる業種を代表するトップ企業のお客様から、信頼できるパートナーとして選ばれています。数々の成功事例は、お客様が「Collaborative Business Experience ™」によって、イノベーションを通じた業績向上をいかに自由に実現したかを物語っています。

これまで30年間にわたって数千社のお客様と仕事をしてきた経験を通じ、お客様とのコラボレーションには4つの重要な要素があることが分かりました。その4要素を重視することで、お客様の強み、弱み、ニーズ、優先課題が明らかになり、効果的なコラボレーションが可能になるため、より高度な、より継続性のある成果を、より早く実現することができます。


価値実現を目指す

業績を改善するためには、最終的に何を達成したいのかをまず明確にしなければなりません。その上で、そこへ向けた道筋ごとに、具体的な目標を決定します。


リスクを減らす

プロジェクトが順調に進展しないケースについても、十分に考慮しておく必要があります。そのためキャップジェミニはプロジェクトのプラス面とマイナス面を理解し、お客様がプロジェクトにどの程度のリスクを見込んでいるかに留意します。適切にリスクを管理し、障害が生じて価値の実現が遅れる可能性を減らすためです。


能力を最適化する

能力の最適化とは、お互いに知識を提供し合いながらプロジェクトを進め、プロジェクトの完了時には、その価値を継続するために必要なノウハウとサポートが実現している状態のことです。キャップジェミニとお客様の協力によって、それを目指します。


組織の足並みをそろえる

プロジェクトが継続的に価値を生み出せなくなる原因として多いのが、社内で新システムが導入できない、あるいは導入が遅れる 部署が出てくることです。そうした事態が起きるのには様々な理由がありますが、導入の妨げになり得る要因を知ることで、協力プロジェクトのあるべき姿を具体化し、プロジェクトの価値実現を加速することができます。

 

関連ページ